結婚指輪と同じく2人にとって大切な愛の証し!?婚約指輪の豆知識を分かりやすく解説

このサイトでは結婚指輪と同じく2人にとって大切な愛の証となる可能性がある、婚約指輪の豆知識を分かりやすく解説しています。
婚約をする大切な人へ贈り物をしたい場合には、ぜひ参考にしてみてください。
一般的にエンゲージリングで人気が高い宝石は硬度と美しさに優れているダイヤモンドです。
これから指輪選びをしたい人にはお勧めの宝石です。
そのようなダイヤモンドのエンゲージリングの起源は15世紀頃といわれています。

結婚指輪と同じく2人にとって大切な愛の証し!?婚約指輪の豆知識を分かりやすく解説

婚約指輪は結婚指輪とどのような違いがあるのか、どちらも同じ愛の証なのかという疑問を持っている人もいるのではないでしょうか。
婚約指輪は婚約をする際に男性から女性に贈る指輪で、サプライズプロポーズの際にも使われます。
一方結婚指輪は結婚した男女がペアで着ける指輪のことです。
こちらは婚約指輪のように、どちらか一方がプレゼントするというわけではありません。
それぞれ意味は異なりますが、どちらも愛の証といえるでしょう。

婚約指輪はプロポーズに欠かせない重要なアイテム

結婚とは人生をともにする伴侶をえて、死ぬまで一緒に生活することを指します。
結婚するためには男性は自女性に求婚しなければいけません。
このプロポーズには欠かせない重要なアイテムがあるんです。
それは婚約指輪というものなのです。
婚約指輪にはダイヤモンドのルースが施され、非常に高価であり男性の覚悟がうかがい知ることが出来るんです。
かつて高度成長期ではエンゲージリングの相場は給与の三か月分と言われましたが、最近では一か月分が相場と言われるようになってるのです。
女性を魅了し、心をとらえてやまないダイヤモンドリングでなければ男性の真剣度が伝わりません。
そこでダイヤモンドの4C基準などを把握し、それらを高水準に満たしたルースを選ぶことが大事なのです。
そしてデザインもシンプルで流行に流されない普遍的な物を選ぶようにしましょう。
なぜなら死ぬまで身に着ける婚約指輪なので、奇抜なデザインであると身に着けられなくなってしまいます。

種類で意味が異なる!婚約指輪は婚約の証であり婚約指は結婚の印

結婚に関する指輪も婚約指輪と結婚指輪があります。
どちらも同じものだと考えている人もいるかもしれません。
まず、婚約指輪は婚約をしたという証として用意するものです。
こちらは、女性のみがつけるもので、プロポーズの際に贈られることも多くなっています。
そして、結婚指輪は結婚の証でこちらは夫婦二人で愛用するものになります。
ふたつの指輪はどちらも結婚に関するものですが、違う意味合いのものであることは理解しておきましょう。
意味が違うだけではなくデザインも大きく違います。
まず、結婚指輪は長く愛用していくこともあり、シンプルなデザインにすることも多くなっています。
婚約指輪は、大粒のダイヤモンドをあしらうなどデザインも凝ったものが多く、見た目もゴージャスなものとなります。
それから、毎日つけるものではなく、パーティーなど大切なイベントの際に装着することが多い指輪です。
最近では、結婚指輪と婚約指輪のどちらをも兼ね備えたタイプも登場しています。

婚約指輪の平均価格は35万円で給料の約1カ月分

ダイヤモンドは給料の三か月分といったキャッチコピーのテレビコマーシャルが高度成長期に非常に話題になり、人気となりました。
男性が女性にプロポーズする際には、月給かける三か月の代金のダイヤモンドのリングを贈るのが相場であるということを端的に的確にアピールし定着させていったのです。
だが現代は高度成長期とは全く異なり、デフレ経済で円安も促進し、非常に経済状況が悪化した世の中になってるんです。
そこで昨今では婚約指輪の平均価格は35万円程度ともいわれ、給料の一か月分が相場になってるのです。
35万円も現代では非常に高い部類になってきてます。
サラリー難の平均年収は400万円ともいわれる時代であり、20代や30代の男性サラリーマンで35万円を月給として得ている人はほんのわずかだと言わざるを得ません。
婚約指輪を購入するにも工夫が必要であり、ルースを小さいものを選び脇石など装飾が豪華なものを選択し、コストカットをはかることも大事です。

婚約指輪の人気デザインはソリティア

婚約指輪の定番で人気のデザインといえば、ソリティアが挙げられます。
婚約指輪といえばイメージするような、リング中央にダイヤモンドが一粒施されたシンプルなデザインが特徴です。
ダイヤモンドの美しさが最も引き立てられるデザインともいえ、映画やドラマなどのプロポーズシーンなどでも良く登場します。
フランス語の単独という意味のソリテールから名付けられ、洗練された飽きないデザインは婚約指輪の中でも不動の人気です。
シンプルですが、石座の高さなどを変えることで印象が大きく変わります。
一般的に爪タイプが主流ですが、高さのあると結婚指輪と重ね付けしたときにダイヤモンドがぶつかりにくく、お互いを引き立てます。
石座が低いと指馴染みがよく、引っかかりにくく普段使いもしやすいです。
素材を変えることもできます。
プラチナなどが一般的ですが、ピンクゴールドやイエローゴールドなどの素材を選べば、定番ながらも個性的なアレンジができ、素材の異なる結婚指輪と重ね付けすればよりおしゃれに身につけられます。

結婚指輪はシンプルで婚約指輪は華やかなデザインが人気

結婚では結婚指輪と婚約指輪を用意することが一般的です。
様々なデザインが存在しますが、婚約指輪は華やかでゴージャスなデザインが選ばれることが多く、逆に結婚指輪はシンプルなデザインが人気です。
婚約指輪は婚約の証として男性から女性に贈られる指輪です。
特別な意味合いが込められていることもあり、華やかで夢のあるデザインが好まれています。
これに対して、結婚指輪は結婚後に夫婦二人で長く愛用していくことになります。
長期間でも飽きがこないことも大切ということもあり、シンプルなものが好まれる傾向にあります。
日常的に使うので、日常生活の邪魔にならないもの、職場でも違和感なく装着できるものという意味でも、シンプルなものが好まれています。
見た目はシンプルでも、裏側にオリジナルの刻印を入れるなど様々なオプションを着けることもできます。
いずれの指輪も大切な意味を持っていますので、妥協することなく本当に気に入ったものを選ぶことが大切です。

重ね着けを考えて婚約指輪のデザインを考えよう

男性にとってプロポーズは人生で最も緊張を強いられる時間であると言っても過言ではありません。
好きな女性に求婚して受け入れられなかったらどうしよう、断られてしまったらどうしようと不安がつきものであり、プロポーズ前日は緊張のあまり眠れなくなってしまう男性も珍しくありません。
求婚するに際しては、やはり美しく心をとらえてやまないダイヤモンドの婚約指輪を用意して臨むことが大事です。
女性は単に美しさに魅了されるだけではなく、それを購入した男性の真剣度を知ることが出来、思わず求婚を受け入れる人もいるんです。
男性にとって婚約指輪選びは非常に困難を極めるでしょう。
何を基準に選べばいいのかわからない場合には、ダイヤモンド4C基準を高水準で満たすダイヤモンドルースを選び買うと良いのです。
さらに女性は結婚指輪と重ね着けすることも多く、結婚指輪と調和がとれ違和感のないデザインを選んで買うことも非常に大事であると言えるのです。

婚約指輪のデザインはソリティア・メレ・パヴェ・エタニティの4種類

婚約指輪と聞いて、あなたはどのようなデザインの指輪を思い浮かべますか。
中央に大きなダイヤモンドが留められたデザインを思い浮かべた方が多いのではないでしょうか。
こちらはソリティアと言われる婚約指輪の代表的なデザインです。
ソリティアにもダイヤモンドを留める爪がある物とない物があります。
この他定番のデザインにはメレ・パヴェ・エタニティと呼ばれる種類があります。
中央のダイヤモンドの周りに、メレダイヤと言われる小さいダイヤが添えられた指輪がメレです。
メレダイヤの大きさや数、配置によって様々なデザインを楽しむことができます。
パヴェは中央にダイヤモンドが留められ、指輪の腕には小さいダイヤがぎっしりと留められた指輪です。
フランス語でパヴェは敷石という意味があります。
小さいダイヤが敷石のように留められている様を表しています。
エタニティは指輪の腕に小さなダイヤがぐるりと一周留められたデザインです。
同じ大きさのダイヤが途切れることなく留められているデザインは、名前の通り「永遠に続く愛」を表しています。

婚約指輪を選ぶときにはカップルでお店に行くケースが多い

プロポーズの際にダイヤモンドの婚約指輪を差し出され、ハリウッド映画のように求婚されることに憧れを抱いている女性も多いです。
確かにこのようなシーンはロマンチックであり、サプライズで行われるので感激もひとしおです。
しかしながら、差し出す婚約指輪のサイズや、彼女が好むようなデザインであるかなど不安がよぎるのも事実です。
差し出されたエンゲージリングのサイズが全く合わなかったり、センスのない全く好みではないデザインやルースであると折角のプロポーズ大セク戦も台無しになることもあるんです。
そこで最近はカップル単位で事前に婚約指輪を宝石店などに買いに行くケースも増えてるんです。
それであれば女性の好みを重要視し、後悔のないエンゲージリング選びができます。
そしてサイズもジャストフィットであり、後でサイズ直しの必要もありません。
昨今はこうした利便性や合理性を考えて婚約指輪をカップルで購入してしまう人が多くなっているのです。

イニシャルだけでなくプロポーズの日付を婚約指輪に刻印するカップルも多い

男性にとって覚悟を決めなければいけない日があります。
それがプリポーズの日と言えるでしょう。
男性にとりこの日は清水の舞台から飛び降りるほどの覚悟をもって挑むことも少なくありません。
女性にうけ入れてもらえるかわからず、極度のプレッシャーや緊張を伴うのです。
なんとしても女性に受け入れてもらいたければ美しい婚約指輪を用意することを忘れてはいけません。
ダイヤモンドが大きく、カット技術も美しく、透明度も高いダイヤモンドルースのこんやく指輪を用意すれば多くの女性がそれに魅了され、思わず求婚を受け入れてしまいます。
また婚約指輪を購入すると、サービスでリングの内側にイニシャルなどを刻印してもらえるサービスもあるのです。
この際にイニシャルだけでなくプロポーズの日付を刻印するカップルも多くなってるんです。
女性にとって結婚記念日と並んで、プロポーズ記念日も生涯忘れなれない掛け外のない記念日になるので刻印すると喜んでもらえます。